年金だけで老人ホームの費用は払える?費用をおさえるコツも紹介

公開日:2024/05/15

nursing home costs

年金だけで老人ホームの費用を賄えるか考えたことはありますか?老人ホームの費用は地域や施設によって異なりますが、年金だけでカバーできる場合もあります。この記事では、老人ホーム費用を抑えるためのコツや、生活費を工夫して賢く支出する方法をご紹介します。老後の生活を安心して楽しむための方法を探ってみましょう。

年金だけで老人ホームの費用は払えるのか

年金だけで老人ホームの費用を賄えるかどうかについて、結論からお伝えすると、年金だけで賄うことは可能ではあるものの、施設数が少なく入居は簡単ではないのが現状です。まず、特別養護老人ホームなどの公的施設は、民間の老人ホームに比べて費用が安いため、年金収入だけで入居できます。

しかし、公的施設は需要が高く人気なため、入居希望を断られることも少なくありません。また、安いといっても、毎月最低でも10万円以上、場合によっては20~30万円程度の費用が発生します。老人ホームの費用は施設や地域によって異なりますが、予算をしっかりと考えることが重要です。

さらに、医療費や介護保険の自己負担額、日用品の購入費などは、年金では賄いきれない部分があり、月額費用に加えて別途考慮する必要があります。なお、年金の収入額には個人の状況による違いがあり、会社員や公務員の場合、国民年金と厚生年金の合計で20万円程度の年金が支給されることが一般的です。

しかし、自営業を営んでいる場合や専業主婦の場合、厚生年金が支給されないため、年金収入が少なくなることがあります。したがって、入居可能な老人ホームを探す際には、個人の年金状況を考慮しましょう。

老人ホームにかかる費用

老人ホームを利用する際には、様々な費用がかかります。主な費用には、初期費用(入居一時金)と月額費用の2つがあります。初期費用は、老人ホームに入居する際に支払う必要がある費用で、家賃の前払いと考えられます。これは一般的に、入居時に一度きりで支払う金額で、一定期間の家賃や施設利用に伴う諸費用が含まれています。

初期費用の額は老人ホームの種類や立地、施設の設備などによって異なります。老人ホーム選びの際に、初期費用について詳細を確認し、自身の予算に合った施設を選ぶことが大切です。次に月額費用は、老人ホームに滞在するたびに毎月支払う必要のある費用です。このなかには家賃や施設の管理費が含まれており、施設によって金額が異なります。

また、月額費用には食費や水道光熱費などの生活費も含まれています。また、老人ホームの月額費用も、施設の種類や地域によって幅広い範囲があり、特別療養老人ホームの場合で初期費用0円、月額費用5~15万円程度、介護付き有料老人ホームの場合で初期費用0~数百万円、月額費用15~30万円程度と、かなり幅があることがわかります。

なお、月額費用には上記の金額以外にも、医療費や介護保険の自己負担代、日用品購入費、レクリエーションなど、別途費用が発生することがあります。これらの追加費用も、生活の質や必要なケアに合わせて考慮する必要があります。

このように、老人ホームを選ぶ際、費用についての正確な情報を収集し、自身の予算に合わせて施設を選ぶことが重要です。とくに初期費用と月額費用のバランスを検討し、余裕を持った予算計画を立てましょう。

費用をおさえるコツとは

老人ホームの費用を節約するためには、まず入居の目的を明確にし、設備、サービス内容、費用について事前に詳細に確認することが肝要です。入居施設の選択に際して、費用を抑えるコツをご紹介します。

エリアの見直し

まず、介護保険サービスの自己負担額や食費については、どの老人ホームも大幅に差がない傾向があります。

しかし、家賃は立地によって大きく異なります。たとえば、東京などの都市部では費用が高く、地方では費用が比較的安価です。都市部に住んでいる場合でも、地方の老人ホームを検討することで費用を節約できます。

条件の見直し

一般の賃貸住宅と同様に、老人ホームの費用も築年数やアクセスの良さに左右されます。したがって、費用を抑えたい場合は、施設の築年数が古く、駅から遠い場所を選ぶことが有効です。

部屋タイプの選択

老人ホームの部屋タイプには個室と多床室があり、多床室は個室よりも費用が低い傾向にあります。しかし、多床室には同居人の生活音が気になるといったデメリットもあります。

そのため、入居後の生活を想像し、自身が長期間快適に過ごせるかどうかを検討することも大切です。施設の設備やプライバシーについて入居前に確認することが肝要です。

まとめ

老人ホームに入居する際、年金だけで費用を賄えるのか、費用全体とお金の流れについて考えることが不可欠です。また、老人ホームは地域によって家賃に大きな違いがあるため、立地選びに重点を置きましょう。都市部は費用が高い一方、地方は費用が抑えられます。費用を抑えるコツとして、築年数が古い施設やアクセスが不便な場所を選ぶことも一つの方法です。さらに、部屋タイプにも注意が必要です。多床室は個室よりも費用が低い傾向があります。しかし、共同生活に適応できるかどうかも検討しましょう。老人ホーム選びは慎重な検討が必要で、自身の経済状況と生活スタイルに合った選択が大切です。老後の安心な生活を実現するために、費用面をしっかりと計画し、適切な老人ホームを見つけましょう。

【千葉県】おすすめの老人ホーム紹介会社ランキング!

イメージ1
2
3
4
5
会社名リーブス
(ひまわりライフサービス株式会社)
みんなの介護
(株式会社クーリエ)
あいらいふ入居相談室
(株式会社あいらいふ)
ソナエル
(株式会社ソナエル)
みんかい
(株式会社 ASFON TRUST NETWORK)
特徴自分の家族と接するような気持ちで対応するのがリーブスのモットー掲載施設数1位。質・量とも鮮度の高い情報の中から施設を選ぶことができる相談から入居まで専門相談員が無料サポート!中立公正な立場に立った社会福祉士などの国家資格を持つ相談員に相談できる日本初の紹介センター。業界トップの相談経験と実績から培った提案を聞ける
詳細リンク

おすすめ関連記事

検索